テーマ:拉致問題

拉致問題より非核化を優先すべき ③

安倍首相は非核化より拉致問題を優先課題とし、メディアも非核化より拉致を最初に位置付けているが、それは間違っている。まるで日本全体が異常な強迫観念に支配されてしまっている感がある。 日本政府が確定している拉致被害者は17名で5人が帰国し、残り12名について北朝鮮は7名死亡、4名は該当者なしとしている。 一方、非核化交渉が破談して、武力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拉致問題は韓国と北朝鮮の問題だ ②

今迄、北朝鮮との非核交渉で日本が拉致問題を並行討議して来たために交渉の進展に障害になり、4ケ国から批判されたが、その愚を繰り返してはならない。 非核交渉が失敗に終わり、最悪の事態には日本のみが、最大の人的被害が予想される中で、安倍首相が拉致問題を最優先課題などと言明するのは大間違いである。 安倍首相が拉致問題にそこまで拘るのは、当初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非核交渉から拉致問題は除外すべきである

今迄の経緯から、拉致問題を核交渉に絡めると交渉の障害になるのは間違いない。核問題は日本の存続が掛かっている問題であり、最優先で取り組むべきである。 拉致被害者は大半が在日韓国人であり、韓国と北朝鮮との問題で日本は主権を侵犯されただけの問題である。 そもそも北が拉致した動機は韓国での工作活動のためであり、小学年から言語、風俗習慣を教育…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政府は拉致被害者の国籍を公表せよ

拉致問題が国家安全保障に重大に係ってきたことを鑑みれば、これ以上だらだら引き延ばすことは出来ない。 それには政府が拉致問題について、情報を公開すべきである。 拉致被害者のうち何人が日本人で、何人が他国籍なのか。他国籍ならば相手国政府の問題ということになる。 特定失踪者のどこまで含めるのか、含めないのか。横田めぐみさんについては入院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍と北では まずい取り組みだ

イスラムの人質殺害や拉致交渉中止も安陪政権の挑発が原因である。何故このような判断ミスが繰り返されるのであろうか。それは安陪政権の行動基準が現実から遊離しているからである。 喧嘩なれしていないボンが直ぐかっとなって、ならず者にかかっていくようなもので危険極まりない。理不尽な要求には拒絶し、あとは子供をあやすように対応していけば良いのであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拉致と核問題は切り離せ!②

大塚副内閣相が拉致問題でアクションを起こしたことは歓迎すべき事だが、 拉致の主犯、辛光洙(シンガンス)の助命嘆願に署名した人間が副総理や法務大臣他多数いる政党が果たして本気で取り込む意思があるのか疑わしい。 問題なのは、そのような経緯があるだけに問題解決の本質から遊離し、安倍氏の如く政権維持のためのパーフォマンスとして拉致を利用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拉致被害者家族の主張への疑問

拉致被害者家族の方は、事あるごとに制裁の強化を主張しているが、北朝鮮が経済的に困窮すれば、拉致被害者も苦しい立場にたたされるとは思わないのだろうか。 特に横田早紀江さんは金正日個人を批判しているが、めぐみさんに影響する心配はないのだろうか。 それに、蓮池薫さんは横田めぐみさんが入院する時に見送ったと報じられているほど親交があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対北朝鮮政策を大転換すべき時である

現在の日本にとって最優先課題は崩壊に追い込まれた北朝鮮が暴発し、宿敵日本を核ミサイル攻撃することを防止する事である。 そのための北朝鮮の核廃絶であり六カ国協議であるべきである。 ところが日本政府や政治家たちは日米が歩調を合わせ、制裁を強化して締め上げれば北朝鮮が折れるだろうと思っている。しかし、誇り高い北朝鮮は降参するより暴発し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3国干渉の悪夢到来か?

6カ国協議が第三段階に入るが、中国やロシヤは同じ陣営として最終的には北の核保有容認に動くだろうし、米国もアラブテロ国家への核拡散を防ぎ、本国でのテロの危険が無くなった段階で手を打ち、結果的に北の核保有を黙認する可能性が強い。 その場合、朝鮮が統一された暁には東アジアで日本が唯一非核国家になる事になる。そこで重要な事は6カ国協議を東…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

安倍晋三、批判④この国民にしてこの首相あり

昨年の総裁選以前から、安倍氏には再三反対してきたが、遂に危惧した結果になってしまった。 しかし当初は国民に圧倒的な人気だった。 その原因は安倍氏の右よりの主張が右傾化した世論にマッチしたからだと思う。 代議制民主政治の原則のもとでは衆参議員は世論を尊重せざるを得ない。このような首相を生んだ責任は国民にある。 即ち、安倍氏を支…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

安倍晋三 非難③

私は「男女はそれぞれ長所短所を持ち、向き不向き有るからお互い補い合っていくべきだ」という考えから、国家の存亡に関わる総理大臣、防衛大臣の職に女性を任じる事は大反対だ。 にも拘らず、安倍首相は自分の内閣の人気浮揚のみの為に、小池氏を防衛大臣に任命するという愚行して、国家安全保障を大きく損なっている。 安倍晋三の国家安全保障にた…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

安倍晋三 非難②

昨年、安倍内閣が発足して認証式の後、宮内庁の玄関に新閣僚全員が並んだテレヒ映像を見て奇異に思った。中央の安倍首相一人が笑っていたからである。 私は何十年も新内閣発足の映像を見てきたが、こういう場面は初めて見た。 陛下から日本の総理大臣として親任され、我国の運命を双肩に担った厳粛な瞬間に笑えるはずは無く、笑う場でもない。 そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

安倍晋三 批難①

安倍首相の稚拙さが、いろいろ批難されているが、一番危惧されのは安倍首相の北朝鮮に対する国家安全保障に関する認識の甘さである。 安倍首相は「北朝鮮が暴発すれば、米国が直ちに反撃し、金政権の崩壊は避けられないから暴発はありえない」と言っているが、北朝鮮が戦略配置している200基すべてのミサイルを我国一国に照準を合わしている実態を考える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍晋三批判

参議院選挙を控え、安倍晋三批判は野党を利するだけとの思いから今迄封印して来たが、この様な状況では再開せざるを得ないかもしれない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「北の核より拉致に執着する世論の未成熟。」について」について

「「北の核より拉致に執着する世論の未成熟。」について」について そう簡単には日本は核保有出来ないと思います。まず国際情勢からして不可能でしょう。我国のH2Aロケットは既に最も威力のあるタイタン搭載型核弾頭を世界の何処にでも打ち込む能力があります。インドや北とは世界に与える影響力は比較にならない。何より米国が承知しないと思う。あえて強行し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北の核より拉致に執着する世論の未成熟。

北の核より拉致に執着する世論の未成熟。 ブッシュが横田早紀江さんに会った時に「めぐみさん は生きていると思いますか?」と尋ねたが、世界の情報 握るブッシュは知っている上での質問だったと思う。 私は、めぐみさんは、既に死亡していると思う。 生存しているのに死亡したとして、北の利益に何ら ならないと思う。 諜報に属する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坊ちゃん安倍、ヤクザ金正日、対決の危険性

坊ちゃん安倍、ヤクザ金正日対決の危険性 坊ちゃんとヤクザではケンカにならない? いや、この取り組みが一番危険なのだ。 ケンカ馴れしてない者ほど、意気地なしと 思われまいと前後の見境なく飛び掛って いくものだ。 日本を除く4ヶ国が北の核保有を認め、 核弾頭を保有した現時点で対決の時機は 既に失したと我国は悟るべ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拉致と核は切り離すべき

拉致と核施設廃棄のセットは五カ国が一致している時 のみ通用するのだが、今や、我国のみが拉致問題に こだわり、日本が最大の脅威にさらされ、その廃棄の 恩恵を受けるのにも係わらず、核施設廃絶の交渉を妨 害しているという愚行をしている。 六カ国協議では核廃絶一本に絞り、国交正常化、拉致 、経済支援の場は別に持つべきだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「「一円も払わない」」について」について

「「「一円も払わない」」について」について 麻生発言に対する私の感想は全く逆で、北の脅威を全く理解していないか、拉致問題を政権獲得に利用しようとしているとしか思えない。 安倍の後継は麻生かと思っていたが、これでは 安倍と同じ二世御曹司で、とても日本を任せられない。 六カ国協議での孤立などは大した問題ではなく 緊急課題は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拉致問題政策を大転換すべきである

北の核ミサイル問題が我国の存亡の危機である事 はいうまでもないと思うが、現政権では拉致問題 が核問題解決に重要に係わっている現状では拉致 問題も同等の問題として解決を計らねばならない。 独断を許容して戴き次の事を提言したい。 ①最初の拉致被害者五人の一時帰国の約束を破っ た事を安倍首相は金正日に謝罪すべきである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相では危険、直ちに退陣させるべき。

北朝鮮の核ミサイル問題は我国存亡の危機である 事は言うまでも無い。 何故、存亡の危機か? それは金正日政権崩壊時の自滅覚悟の核ミサイル 攻撃が刻々と迫っているからである。 故に北の核製造を一日も早く中止させ、核施設を 無能力化する事が緊急の課題なのにも係わらず、 安倍首相は六カ国協議において拉致問題の進展な くして経済支…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たから安倍では駄目だと言ったでしょう!

格好良さとか拉致に熱心というだけで、日本の指導者に選んだり支持するのは間違いだと言ったでしょう! 一部の女性の皆さん。 それにしても小泉前首相は何故、安倍氏を後継に選んだのだろうか? 改革路線を堅持するという安倍氏の演出に誤魔化されたのだろうか。 ボンボンのほうが影響力を保持できると思ったのか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拉致最優先は間違い②

拉致問題について、政治家、評論家、メディアが自分自身の保身や利益を優先して、口をつぐんでいる禁句について具体的に述べてみたい。これは偏に国を思う所以である事を御理解願いたい。 昨日の日本TVのウェークで佐々淳行氏が、北朝鮮の核は日本が一番危険なのに日本人は核より拉致ばっかりに大騒ぎしているのは何故なのかと世界中の人から聞かれるとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「山崎訪朝は何だったのか?」について」について

「「山崎訪朝は何だったのか?」について」について 戦争は誤解から勃発する場合も多いという。だからこそ両国が緊迫した時には裏口に対話のパイプを維持する事が大事なのだ。山崎氏が核や拉致問題を解決するとは誰も思っていないし、本人自身も思っていないだろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「自民党・山崎拓(全副総裁)氏が北朝鮮へ」について

「自民党・山崎拓(全副総裁)氏が北朝鮮へ」について 山崎拓氏については媚中朝派という者がいるが彼は一貫して鷹派だ。かって防衛庁長官や日米防衛協力に関する指針の特別委員長も勤めている。現在も安全保障調査会長にある。 今回の訪朝も、若い安倍氏と側近が強硬路線に突っ走っている事に、安保に精通する立場の者として危機感を抱き、国家の為、政治生命…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相は拉致問題を利用している

先のブログの如く核ミサイル問題は誰が考えても国家存亡の緊切な問題にも拘らず、安倍首相は国民に迎合して拉致を最優先課題としている。 これは国家安全保障よりも政権維持を最優先している事に他ならない。 と言う事は外交上最も避遠すべき国益より私益を優先している事であり、拉致問題を政権獲得、維持に利用していると言われても仕方が無い。
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

拉致最優先は間違い

安倍政権は拉致問題を最優先にしているが、これは大間違いである。 理由は言うまでも無く拉致問題は12人の救出問題であるのに対して、核ミサイル問題は日本の興亡に係わる問題だからである。 この単純にして重大な間違いの原因は安倍政権が平和ボケ国民世論に迎合している結果である。特にテレビのワイドショウに扇動された短絡的な階層の支持率に振り…
トラックバック:2
コメント:9

続きを読むread more

安倍晋三氏では若すぎる。 ②

これは先のブログhttp://newparty.at.webry.info/200605/article_1.htmlの続きです。 安倍氏が拉致問題に関して強硬な発言をして依頼、国民的人気が出て今や次期総理人気度断トツNO1ある。しかし彼の政治活動において拉致問題以外にこれと言った主張を聞いたことがない。 確かに拉致問題は国家主…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

小泉政権の評価

小泉政権が五年を越えゴールが見えてきて、あちこちのメディアが点数評価を行っているが、小生は内政については120点を差し上げたい。 改革で想像していた以上の成果を上げたのだから100点満点の基準以上を上げざるを得ない。最初に公約に掲げたもので中途半端に終わったものがあると言う評論家がいるが、多数決原則の民主政治社会で反対者が多ければ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍晋三氏では若すぎる

安倍氏を始めてテレビで見た時、いかにも二世議員らしい人だなあと思ったが、拉致問題で強硬発言したら急に人気が出て、あれよあれよと言う間に閣僚未経験で党の大番頭の幹事長になり政府の要の官房長官になってしまった。 そして今、次期総理大臣最有力候補として圧倒的な人気である。 しかし私は安倍氏の言動の若さに不安を感じている。 例えば、安…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more