テーマ:安全保障

「菅総理よ恥を知れ!」について

「菅総理よ恥を知れ!」について 「青年の時に共産主義にかぶれない者は馬鹿だ。年取っても、共産主義にかぶれている者はなほ馬鹿だ」と言った人がいたが、菅や仙谷のように学生時代にベトナム反戦や全共闘に熱中した連中が六十歳過ぎても、そのまんまの頭で日本の舵を取っていると、こういう結果になるという象徴的事例だと思う。 しかし最終的責任は民…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

尖閣事件検証⑤ 反日デモの為ではない

日本の政府やメディアは反日デモが政権への不満デモに発展することを恐れ、日本に強硬な態度を取らざるを得ないのだという中国政府に同情的な見解で占められているが甘いにも程がある。これは中国が核心的利益と宣言した第二の西沙、南沙化である。(終)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尖閣事件検証④ 仙谷の「戦争になったら

どうするのだ」という一声で船長の放逐が決まったらしいが、中華帝国主義による権益の拡大に、戦争恐れて譲歩を重ねていれば、最後は本土まで征服されるのは子供でも理解出る。 20世紀初頭の帝国主義的国家が、この極東には未だに存在していることを忘れては為らない。 侵略を防ぐには戦うしかないことを政府(国民)は日常から覚悟しておくのが当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争は絶対すべきではない。しかし仕掛けられた戦争は

断固としてやり抜かねばならない。中国や北朝、ロシヤのようなならず者国家が恐喝行為をする現実が存在する以上、日本国民はその覚悟を堅持しなければならないのだ。 ところが日本人の多くは先の大戦のトラウマと平和ボケが重なって戦争と言うと最初から激しい拒絶反応示し、その先は思考停止しまうのだ。これでは国家の存続は危うい。 今回の尖閣事…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

中国による尖閣占領の初動作戦と見るべきだ(1)

外交や軍事は最悪の事態を普段から想定して対応すべきである。楽観論で動くから中国の強硬な態度にヘタ折れしてしまうのだ。 次は中国漁民が魚釣島に大挙して上陸し、定住を始め、既成事実化を計るだろう。 その保護を名目に中国の最新鋭ミサイル駆逐艦を含む多くの艦艇が出てきて海保の巡視船ではお手上げに為るだろう。 これを防ぐには現在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国防政策は最大の福祉政策だ

という考え方があるが、国防政策は国民の生命と財産を守る事を目的としているのだから確かにそうだと思う。 しかし民主党は国防政策で無茶苦茶の上に表面的福祉政策である高速道路無料化や子供手当て等、実現不可能な飴玉で国民を騙し、 それに乗せられた無知で短絡的な者達が、国益や安保より自分さえ良ければ良いという思いから民主党政権を成立さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人格欠陥者、鳩山首相は‥

名護市で決着していた普天間問題について、単なる政権欲しさから何等軍事戦略のないまま、全く目途のない国外、県外を主張してぶち壊しただけに止まらず、反基地運動を勢いずかせ、ますます混乱させてしまった。 その失態からメンツを守るために、ホワイトビーチに一兆円の巨費を投じて、新たに巨大基地を建設して金の力で解決をはかろうとしている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳩山首相は普天間の責任を取って議員辞職すべし。内閣総辞職では済まされない

鳩山首相は名護市現行案で決着していたものを、選挙の票の欲しさに国外、県外を言い出してぶち壊してしまい、米国の信頼を地に落とし日米同盟を毀損しトヨタ事件の如く経済、貿易関係までも損ねてしまった。この責任は総辞職では済まされない。(終)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳩山安子を証人喚問すべし。高齢も若年も無い!

生前贈与脱税容疑者に、甘い認識では国家基盤の徴税が崩壊する。お金を持て余している一介の女性が、その援助なければ首相の地位など付けるはずもなかった息子を通じて、日本という国家を食い散らかすという、とんでもない事をしでかしたものだ。(終)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳩山は普天間の代替は名護市と既に決めているのではないか?

そうでなければ、5月に決定との断言は出来ないはずだ。そして岸元首相が安保改定の大混乱の責任を取って辞任したように5月で辞めるのでは?。その時は小沢を必ず道連れにしてもらいたい。それのみが鳩山に残された汚名を濯ぐ唯一の手段だと思う。(終)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

普天間は名護市で決まり

鳩山首相は常に逃げ道を作った発言をするが、普天間でも平野官房長官の検討委員会の結果に丸投げして名護市で決まりだと思う。そして米国の圧力を強調して米国離れに利用するのではないか。(終)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮想敵国人に選挙権付与は危険

韓国、中国に対して、前より経済、文化交流が密接になり友好関係が増進されてはいるが、一方で厳然として仮想敵国関係にある現実を忘れてはならない。その国の者たちに選挙権与えるとは国家安保戦略欠如の証明である。(終)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日米外相会談の醜態

岡田外相は日米外相会談で「普天間問題は5月までに解決するとの方針をあらためて示した」そうだが、例によって日本人の悪い癖が出ている。 メドが立っていないにもかかわらず、米国の機嫌を損ねないよう相手にとって都合よく取れる抽象的な言い方で逃げている。 こんな言い方をしては5月に現行案で決まらない場合、反って信用ガタ落ちになる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳩山首相はプライドがあるのか?

小沢一郎の傀儡政権とマスコミに揶揄された内閣は、宇野政権以来海部、宮 沢、細川、羽田、鳩山内閣の6政権にも登るが、鳩山を除く他の首相は他国に 比較して強い政治権力のある日本の首相の地位に就けば、そうはさせないと いう矜持と意地を持って就任したのに違いない。 しかし、鳩山首相は政権発足前に小沢氏に党と国会に関して人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陛下への中国副主席の謁見

この件ついての鳩山首相の対応に多くの非難が寄せられているが、ついに首相は虎の尾を踏んでしまった。 筋の通らない釈明をしているが、そのこと事態、小沢氏の指示だった事を証明している感がある。 首相は「1か月ルールは知っていたが、しゃくし定規なことが、諸外国との国際的な親善の意味で正しいことなのか。諸外国と日本の関係をより好転させ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人は、やはり幼児的で民度の低い民族だな

自民党が野党になったら、民主党の野党時代のように審議拒否を繰り返して代議制民主主義の義務を放棄している。なぜ堂々と審議して大人げない民主党との違いを見せないのか。 そをれ報じるマスゴミは自民党時代は強行採決と決め付けていたのに民主党の強行採決とはいわず、自民党の審議拒否として大きく報道する偏向報道をしている。 鳩山政権は周辺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳩山首相は非武装中立を目指しているらしい

昨日の日経のコラムで編集委員の秋田浩之氏が、こう書いている。 ≪首相の実弟の鳩山邦夫元総務相は「兄はかって『駐留なき日米安保』を掲げた」と指摘。首相が普天間の県外移設を唱えるのは「非武装中立」の観点からだとみる。首相がそうした安保観を抱いているなら、問題はもっと根深い」 一昨日の読売でも鳩山首相について「1996年に旧民主党を結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳩山政権は秋山真之に学べ

明日29日からNHKのスペシャルドラマ「坂の上の雲」が始まる。約40年前に単行本全6冊を一気にに読破したことを思い出す。 後にも先にも読書に寝食を忘れて没頭したのは、この時以外に記憶に無い(笑)。 この本の中で未だに覚えているのは、秋山真之が海軍兵学校に入学した時点で国家の為に既に命を捨てており、兵学校での日々は英霊としての…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳩山首相は既に神経が病んでいるのではないか

小生は安倍、福田、麻生の各氏の首相としての資質の欠落を政権誕生以前に断言したが、不幸にして的中してしまった。 しかし鳩山氏に関しては洞察が甘かったようだ。 と言うのは鳩山政権発足直後に「鳩山首相は早晩、神経を病んで政権を降りるのではないか」という投稿をしたが、昨今の鳩山氏の言動を見ると既に神経を病んでいるとしか見えないからで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳩山メルヘン政治の危惧

鳩山首相は日米対等をよく主張するが、首相の考えには納得できない。 一国の防衛を他国に委ねている以上、対等は在り得ない。対等を望むなら自主防衛を目指す二者択一しかないのである。 ボンボン首相が三代続き、その認識の甘さが大きな問題になったが、安全保障に関しては一応の見識を持ち合わせていたと思う。 しかし四代目の、このメルヘン首相は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党政権より第三勢力政権(民主右派&自民改革派)を!

鳩山政権が実現した場合、財源を省みない過度な福祉政策により現在でも大赤字の国家財政を破綻させる可能性が強い。これは高齢者や公務員を優遇して都財政を困窮させ「都政の暗黒時代」と言われた美濃部都政の国政版だ! 安全保障や外交に於いても、メルヘンの住人みたいな人間に到底まかせられたものではない。 小生も高齢者であり経済的弱者だが、「ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拉致被害者家族の主張への疑問

拉致被害者家族の方は、事あるごとに制裁の強化を主張しているが、北朝鮮が経済的に困窮すれば、拉致被害者も苦しい立場にたたされるとは思わないのだろうか。 特に横田早紀江さんは金正日個人を批判しているが、めぐみさんに影響する心配はないのだろうか。 それに、蓮池薫さんは横田めぐみさんが入院する時に見送ったと報じられているほど親交があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「前空幕長、懸賞自体がやらせではなかったのか?」について

「前空幕長、懸賞自体がやらせではなかったのか?」について 確かに出来レースの疑いがありますね。 私は、その裏にもう一つの出来レースの疑惑が潜でいると推測します。一部情報に拠ると今迄空幕長にはエリート戦闘機乗りがなるのが通例だったが07年3月の空幕長人事では以前から将来の空幕長、トップの陸海空統合幕僚長確実と言われていたエリート中のエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田母神俊雄は石原莞爾か

来栖弘臣や今回の田母神俊雄の政府方針に反した行動は戦前の関東軍の河本大作や石原莞爾の反政府行動と基本的に同質のものと認識すべき重大な問題である。 河本や石原の中央政府を無視した暴走に対して、時の田中内閣や若槻内閣が断固たる処罰を怠った結果、軍部による下克上を定着化させ日本を滅ぼした原因である事を鑑み、今回の件については当人は基より…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3国干渉の悪夢到来か?

6カ国協議が第三段階に入るが、中国やロシヤは同じ陣営として最終的には北の核保有容認に動くだろうし、米国もアラブテロ国家への核拡散を防ぎ、本国でのテロの危険が無くなった段階で手を打ち、結果的に北の核保有を黙認する可能性が強い。 その場合、朝鮮が統一された暁には東アジアで日本が唯一非核国家になる事になる。そこで重要な事は6カ国協議を東…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

尖閣諸島に自衛隊進駐を!

尖閣諸島の領有権を中国と台湾が主張しているが、この問題は世界の他の領有権争いとは全く異質のものである事を理解する必要がある。中国と台湾は過去において日本領として認めていたからである。 具体的には1953年に中国共産党機関紙人民日報が沖縄の一部として報道。1958年に北京地図出版社が日本領として記載。 1970年台湾の国民中学地理…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

捕鯨問題への疑問

捕鯨問題でオーストラリアと険悪なムードになっているが、この問題はなんかすっきりしない。一般国民とは別次元の所で事態が推移しているからだ。 鯨肉は日本人の食文化というが、それは豚肉や牛肉が高くて買えなかった昭和30年代迄の話だと思う。 私が初任給が1万5千円のころ、鯨肉が確か100グラム50円、豚肉こま切れ150円、牛肉600円で…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

安倍晋三 非難③

私は「男女はそれぞれ長所短所を持ち、向き不向き有るからお互い補い合っていくべきだ」という考えから、国家の存亡に関わる総理大臣、防衛大臣の職に女性を任じる事は大反対だ。 にも拘らず、安倍首相は自分の内閣の人気浮揚のみの為に、小池氏を防衛大臣に任命するという愚行して、国家安全保障を大きく損なっている。 安倍晋三の国家安全保障にた…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

安倍晋三 批難①

安倍首相の稚拙さが、いろいろ批難されているが、一番危惧されのは安倍首相の北朝鮮に対する国家安全保障に関する認識の甘さである。 安倍首相は「北朝鮮が暴発すれば、米国が直ちに反撃し、金政権の崩壊は避けられないから暴発はありえない」と言っているが、北朝鮮が戦略配置している200基すべてのミサイルを我国一国に照準を合わしている実態を考える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日・中・メジャー合弁ガス田開発に異議あり !!」について

「日・中・メジャー合弁ガス田開発に異議あり !!」について 戦争は極力回避しなければなりませんが、旧社会党や社民党の如く戦争を避けるためには降参も辞さないというのでは亡国しかない。 そこで外交戦略による国益の確保が重要課題になるわけですが、現実は中国に足元を見られ侮られぱなしである。この東シナ海に関する日本の軟弱外交の根源は唯一つ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more