テーマ:北朝鮮

家庭を治められない者がどうして国を治められようか

昭恵夫人が神田に居酒屋UZUを開店した時、筆者は、これはインテリジェンス(諜報)の面から由々しき事態だと投稿しましたが、身近の者に擦り寄る諜報員にとっては、またとないターゲットとして、店には逆ハニートラツプが累集している事だろう。 昭恵夫人にはカメラ企業のシンクタンク研究員で元外務省官房が教育係としてついているらしいが、そこまでして居…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非核交渉から拉致問題は除外すべきである

今迄の経緯から、拉致問題を核交渉に絡めると交渉の障害になるのは間違いない。核問題は日本の存続が掛かっている問題であり、最優先で取り組むべきである。 拉致被害者は大半が在日韓国人であり、韓国と北朝鮮との問題で日本は主権を侵犯されただけの問題である。 そもそも北が拉致した動機は韓国での工作活動のためであり、小学年から言語、風俗習慣を教育…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本政府 日朝首脳会談の意欲を伝達 ?

何だ、この醜態は。10日前まで対話は無駄、圧力あるのみの態度で米国を煽っておいて、米朝首脳会談が日本を蚊帳の外にして決まったらこの慌てぶりだ。 政治哲学、外交信念の欠片もない場当たり政治だ。少なくとも対話の可能性を省くべきではなかった。 そもそも安倍氏の北朝鮮外交は、拉致問題の強硬対応で強い支持を得て、政権獲得の足掛かりになった為、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相は追い詰められた金正恩が何をするか分かっていない

世界中からの制裁によつて追い詰められた金正恩は、日本と韓国に核ミサイルによる道ずれ核攻撃を敢行するにちがいない。 だから韓国の文大統領はそれを回避するための方策を真剣に模索しているのである。ところが安倍首相は強硬一辺倒で突き進んでいる。 安倍首相は北朝鮮の暴発はあり得ないと度々公言しているが、学識のないリーダーを選ぶとこういう国家存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮の日本への玉砕的道ずれ核攻撃を避けるためには北朝鮮に核保有を認めるしかない

北朝鮮は圧力には屈しない。最悪の場合、玉砕を覚悟しているにちがいない。そのことは安倍首相の祖父、岸信介が閣僚だつた東条内閣の首相、東条英機が、辞職した後も最後まで一億玉砕を強硬に主張したことからも想定できる。 安倍首相は祖父岸信介を尊敬しているとのことだが、自身に都合が良い面のみ学習せず、もっと岸信介の関係した全般を学識していれば、北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軍事戦略は最悪の事態を想定して、それが日本に甚大な被害を‥

与える事が予想される場合は、その事態を避けることを最優先にするのが常識である。しかし、安倍首相は旧軍部の如く、自分に都合良く解釈し、そんなことはあり得ないとして逆に北朝鮮に強硬策を続けている。 国民も首相として選ばれた人物に、重要なことは任せておけば間違いないと思っているのだろう。 メディア、政治家を含めて安倍首相の北朝鮮政策に沈黙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮に対する戦略眼のない安倍の存在が最大の国難だ

安倍は「金正恩が暴発すれば自分の命がないことは分かっているのだから、暴発はあり得ない」と繰り返して発言しているが、安倍の戦略眼ゼロを証明している。 安倍は、金正恩が自らの命を欲しんで暴発などしないから安心しろ言うが、国民が危険視しているのは金正恩が身を捨てて日本を道連れにすることなのである。 つまり、一国のリーダーの戦略眼が国民より…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TBS サンデーモーニングが初めて 北朝鮮による日本へのミサイル攻撃の可能性を大きく放送

日本のメディアが、何故その危険性について、大きく問題にしないのか不思議に思っていたが、遅ればせながら今朝サンデーモーニングが初めて大きく取り上げた。 メディアばかりでなく、政府、議会、そしてなにより野党からも北朝鮮の核ミサイル攻撃の危険性について殆ど聞かない。 その原因は日本人の安全保障にたいする大局的、論理的思考が欠落しているから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金正恩は一家皆殺しを計っている強盗殺人犯と見るべきだ

その凶器を持った強盗殺人犯と対峙した一家の当主は、家族に一人でも犠牲者を出さないよう命がけで犯人を宥め透かして難を逃れるしか方法がないはずである。 相手が核ミサイルを持ち日本の生殺与奪の立場に立ったということは、そういうことなのである。 ところが安倍首相は逆にトランプ以上に犯人を挑発して、危機を煽るというとんでもない行動に出ている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相の北朝鮮戦略は日本に甚大な人的被害をもたらす危険がある

この事態は、以前から極少数の専門家が指摘していることだが、安倍首相にはその事態を想定する能力が無いように思えてならない。 何故かというと安倍首相は以前から北朝鮮が暴発すれば金正恩は終わりなのだから暴発はあり得ないと繰り返し言明してきたからだ。 つまり、北朝鮮に圧力をかけ続け切羽詰まった時に、金正恩が最早これまでと覚悟して自爆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相の北朝鮮対応は近衛首相の対中国戦略に酷似

近衛首相は中国、欧米に対し強硬策で臨み、戦争の危機を拡大させて置きながら欧米との戦争が避けられないと知るや内閣を投げ出してしまった。しかし、近衛首相の場合は閣議での決定事項の行動だつたが、安倍首相の北朝鮮強硬策は閣議での慎重審議の結果とのニュースは伝わっていない。 もし安倍首相が独走しているのであれば、資質の欠如した人物が日本の存亡の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金正恩は既に身を捨てていると取るべきだ。戦略は最悪の事態を想定すべし

金正恩が断末魔に追い込まれた時に、日本に核攻撃してくると多くの国民が恐れている時に、安倍首相は北朝鮮が暴発したら金政権の存続はあり得ないのだから、暴発はあり得ないと度々発言してきた。 つまり、金正恩の捨て身の攻撃は安倍首相の頭には想定外なのだ。 日本が存亡の危機に立っている時に、そのリーダーの戦略眼が国民より甘いのだ。 この事実に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相の北朝鮮戦略は危険

安倍首相は「北朝鮮と対話しても、どうなるものではない。圧力しかない」というが、この方法は未だレッドラインを超えていない米国の戦略であり、既にレツドラインを超えている日本にとっては最も危険な戦略である。 米国に同調していれば良いという問題ではないのである。先日、テレビで米国国務省の元日本部長が述べていたが、北の核搭載ICBMが脅威に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more