テーマ:原発問題

菅首相の脱原発、減原発は‥

基本的に正しいと思う。しかし、それが将来を見通した確固たる自身の経綸から出ているかどうかである。この人物は、そういった事とはかけ離れた体質だと思う。(終)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力安全委員会と保安院は責任を取れ

原発事故に、密接に関連していながら原子力委員会と保安院は責任を取ろうとせず居座っている。 その事を批判するメディアもないし、政官の声も全然聞こえてこない。このことこそ政、官、マス、原子力村の癒着を証明している。 こんな事では再び事故が起きる可能性がある。ここにも日本人の科学的思考の欠落が現れている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人は科学的に物事を考える事が苦手である

と何度も投稿してきたが、今回の原発事故の原因を考えると正に、この事を証明している。 こういう国で原発を保持することは危険である。豊かさや景気が損なわれると反対している者がいるが、国民の遺伝子が破壊されて豊かさも景気も無いだろう。そのこと自体、科学的思考が欠落している事を理解すべきである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅降ろしとニミッツ提督

ニミッツ提督は、山本長官機を撃墜するのに際し、後任に有能な者が就く恐れの無いことを確認して、撃墜命令を出したという。 この科学的思考には恐れ入る。今の日本では到底及びも着かない。 何故なら、菅が首相の資質が欠落しているのは誰も異論は無いが、後継者が不在のまま、与野党が菅降しに大騒ぎしているからである。 正に国難を忘れ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故の基本的問題

戦後日本は造船や機械、家電製品、電子機器、自動車など先端工業製品で先進国に追いつけ、追い抜けで突っ走ってきたが、その惰性のまま最悪の場合、国家が潰れ、遺伝子を破壊し民族の滅亡の危機さえも招く、地獄の人類未体験ゾーンに突入してしまった。 本来なら、この小さな日本列島が世界に稀な火山帯と断層の上にあり、地震国であることを踏まえ、原子力…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

原発対応突撃部隊を創設せよ

原発は何かメドがついたような空気があるが、最悪の場合、東日本が潰れる危機にあることに変わりは無いのではないか。 原発を封じ込めるには最後は人海戦術しかない思う。 チェルノブイリでは石棺建設に80万人投入したが、共産国家だったから可能だった面があるにしても、日本でも国家や電気事業連合が総力を挙げて大規模の作業人員を確保し、放射…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人の超エリート(国民の14万人に一人)の政治家を‥

国民が選び、その多くの政治家が国家のリーダーとして選んだのがスッカラカン首相だったり、ルーピー鳩ポッポだったということは日本人が民度の低い国民だということを証明している事にほかならない。我々は唯、政治家を批判するだけではなく、この現実を確りと見定めて一歩一歩進化していく努力を忘れてはならないのである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅首相の最大の欠点は‥

原発や震災の本質に合理的に対応するより、政権維持の為や、リーダーシツプ不足の批判をかわす為のスタンドプレーを最優先していることであり、それが全ての混乱の原因だと思う。(終)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝国陸軍は勇猛さに於いては世界無比だつた‥

と思うが、兵站(武器や食料の補給)や情報を軽視した事が敗北の要因になった。今回の原発事故対応も作業員を叱咤激励するのみで、食事や休養において劣悪の待遇を強いている事は全く同じ構造だと思う。検証出来ない民族は千年経たず滅亡すると思う。(終)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発作業員の劣悪な待遇が問題になって2ケ月なるが‥

命懸けで取り組んでいる2次3次下請け作業員を劣悪な待遇に置くことはエラーを起こせと言っているようなものだ。目先の事しか眼中に無く、前提条件を無視している。ここにも日本の科学的思考の欠落が露呈している。日本は原発を持つ資格はない事を悟れ。(終)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学的思考の不得手な日本での原発は危険

国民性とも言うべき、その傾向については当ブログで度々指摘して来ましたが、今回の原発事故での東電のバックアップ体制の杜撰さ、政府の怠慢な対応は、それを見事?に証明して見せたと思う。 最悪の場合、この狭い日本の国土を不毛化し、民族の遺伝子を損ない、国家の存亡をも危うくする原発の廃止は一刻の猶予も許されない。 可及的速やかに廃止し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次期首相は桝添氏が最適

菅降ろしの風が強いが、国難の時、すべての党が党利党略に走っているのは、寂しいかぎりだ。大連立というより救国一致内閣を起立すべきである。自民のホープ石破氏には限界が見えたし、欠点があっても、今は桝添氏しかいないのではないだろうか。(終)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅首相は愚かにも、二つの危機を乗り越え道筋を‥

立てられば本望だと発言し、危機を克服した首相として歴史に名を留めたいようだが、菅災とまで揶揄され、日本のみならず世界中から初動の遅れを批判され、ロシアの専門家からは許しがたい怠慢と言われている人間が、そんな事が出来るはずも無い。 更に事態を悪化させる可能性のほうが遥かに高い。菅首相の普段の場当たり発言もそうだが、こんな民意とかけ離…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発対策は現場責任者に任せよ

初めて第一原発の現場に入った青山氏の説明を、今日のフジやユーチューブで聞くと、第一原発の吉田所長は、なかなか有能な人物らしい。 小生は、先日の投稿で現場を任せられる人材がいないのなら米国専門家に委任せよと言ったが、幸い、その必要はないようだ。 ただ、現場を見たこともない本社の幹部が、とんでも発言や注文を押し付けるので困ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

:原発対策は米国の専門家に委任せよ!

今の政府、メディア、国民は、今回の原発事故の最悪の事態を把握しているとは到底思えない。 日本の存続に関わる原発対策を一営利企業に任すべきではない。チェルノブイリ事故のソ連原子力研究所副所長レガソフ氏やスリーマイル島事故の米原子力規制委員会原子炉規制部長デイトン氏の如く、一切任せられる有能な現場責任者がいないのなら、米国が希望してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故は日本上層部への天罰

広く報道されている如く、政、官、学、メディア、東電の癒着が事実なら、今回の原発事故は日本上層部の我欲と腐敗に対する神の怒りと認識すべきだ。 この我欲と腐敗の構造は他の業界も同類だと私は思っている。(終)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復興より、先ず地震、津波の検証を

日本は先の大戦後、復興だけに頭を奪われ、何故戦争を始め何故負けたかの検証を怠ったまま66年過ぎようとしている。今度の震災でも復興の前に、その災厄の検証を行い教訓を学び取ることを忘れてはならない。(終)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発対応SP部隊を創設せよ 

アサヒコムから推察すると、日夜対応に当たっている東電の幹部社員とおもわれる、ある人物は睡眠は椅子に座ったままで1~2時間、食事はカロリーメイトで頑張っているらしい。 そんな作業環境だから、今度のような監督不届きの重大な被爆事故が発生するのだ。人間には物理的限度があり、放射能対策が長丁場になる事を認識して、全国の電力会社から交代要員…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

原発担当大臣は佐々淳行氏が適任

菅、仙谷コンビでは、この国難の時に尖閣事件の如く情報を隠蔽して暴走する危険がある。原発担当大臣は危機管理能力に長けた佐々氏の右に出る者はいない。佐々氏は菅を批判して来たが、これを批判と取るか意見具申と見るかによつて菅の器が試される。(終)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more