「国を売った政治家たち」について

国を売った政治家たち」について
小泉が日本の富と生命を米国に差し出したと、著者が言っているのは郵貯簡保のことなんですかね。郵貯簡保資金は旧勘定として別勘定で管理されているのを知らないで非難しているのなら無知を恥じるべきだ。では野村がリーマンのアジアとヨーロツパ部門を買収した事をどう思っているのだろうか。自分はやるが相手にはさせないでは話にならない。逆に日本は率先して金融自由化して、溜め込んだ資金を効率的に運用する事こそ喫緊の課題であり、タンスに仕舞い込んでいたら目減りして、それこそが国益を損なうと思うのだが。
それと固有領土の北方4島のうち97%の面積の国後、択捉の2島を日ソ国交と引き換えにソ連に差し出した鳩山一郎こそ、日本を貶めた最大の人物ではないのか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック