戦争の語り部は降伏主義である (終戦記念日に寄せて)

毎年8月になると、メディアで、ひめゆり隊の生存者の方や、あるいは終戦特集番組が戦争の語り部として「戦争の悲惨さと平和の大切さ」を説く報道が行われるが、一理はあっても本質を欠いている。

これを視聴した一般国民や子供達は、如何なる時も平和を守るために戦争は絶対してはいけないもの受け取るからである。

これでは日本が侵略を受けた時は「降伏してでも平和を守りなさい」といっているのと同じであり、過っての社会党の基本方針でもあったわけだが、今の民主党にも、かなりの者が同様の考えを持っていると推測される。

この平和絶対主義は戦後教育で一貫して行われてきた事でもある。

その典型的な悪例を、中国による尖閣諸島占拠の初動作戦であった尖閣事件で、中国の脅しに日本政府中枢がパニックに陥り、犯人達を直ちに釈放してしまった事に見ることができる。

つまり、現代の日本は、一般国民のみならず日本政府自体が平和絶対主義にマインドコントロールされてしまっている。

戦争の語り部や終戦特集番組の主張すべきは「侵略戦争は絶対してはいけない。ただし、この日本が一たび侵略を受けた時は、国や家族を守るために殉ずる覚悟で、祖国防衛戦争に決然として立ち上がらなければいけない」という主旨であるべきだと思うのである。

その理由は単純明快である。他国に征服され、服従を強いられる事は、民族にとって戦争以上の悲惨な運命が待っているからである。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック